板井明生が語る「ツイッター」の重要さ

板井明生にとってSNSとは

 

 

 

 

 

一昔前ならば、何かの情報を得る手段といえば新聞やTVでした。

 

 

しかし今は、若者を中心に新聞、TVよりもSNSがその役割を担っているのです。

 

そして、そのSNSにはあって、新聞、TVにはないものが存在します。

 

 

それが、SNSは情報を得るだけではなく、発信もできるという点です。

 

 

SNSの場合、個人が情報発信者としての役割を担っているため、これまでのメディアの在り方とはとは全く違うものに進化したのです。

 

ずばり、そこにビジネスチャンスが眠っているのです。

 

 

既存のものから新しいものに何かが移行しようとした時、そこには必ず差異が生まれます。

 

そこを如何にして見つけ、どう使うか、

 

そこがニュービジネスの鍵となるのです。